AGAの治療費は総額どれくらいになる?

心配する男性

AGAは男性型脱毛症を指します。
もともと男性はハゲやすいといった経験則があり、実際に完全にハゲないにしても年齢を重ねると薄毛になりがちです。
このようなものは老齢性の脱毛症とも考えられてきましたが、実は若いうちから発症することも多くあります。
そのため、男性の大きな悩みの一つとも言えるものであり、これまでさまざまな育毛剤が販売されてきました。
現代では医学的に脱毛原因を解明し、治療によって症状を改善することができるようになっています。
それがAGA治療です。

病院により異なるAGAの治療費

AGAの治療費の多くは薬代です。
次に多いのが診察費で、さらに病院によっては検査内容が変わってきます。
AGA治療で使われる薬は保険適用外であるため自己負担となりますが、病院によって費用は大きく変わってくるものです。
ただ法外な値段が設定されることはなく、すべての治療費は一定の基準をもとに行われます。
しかし、AGA治療の場合には病院によって薬代が変わってきますし、また検査内容なども変わってくるので、違いが出てくるものです。

日本でAGA治療を受けたい場合には一般病院での皮膚科などで受ける頭髪治療とAGA専門病院でのAGA治療があります。
一般病院のメリットとしては、比較的多くあり費用に関しても安価です。
薬に関しては保険適用外ですので自己負担しなければなりませんが、ストレスや病気などが原因で薄毛治療を行うといった場合には診察費や検査費が保険適用となるケースもあり費用が安くなることがあります。
一般的な病院での治療費の相場は1回あたり7,000円から15,000円です。
ただし病院での頭髪治療の多くは、その進行を食い止めることがメインとなりがちで、発毛効果までは実感できないケースがほとんどです。

一方でAGA専門病院は発毛を目的とした治療を行います。
治療費の相場は4,000円から40,000円と非常に幅がありますが、この理由は病院によってAGAに対する治療方針が異なるためです。
診察や検査を最小限にして薬だけを処方するような病院であれば、1ヶ月あたり4,000円程度の費用で済ませることができます。
本格的な検査を行っているところや、また新しいAGAの医療技術を採用しているところでは費用も高額になりがちです。
特に一般病院では行っていないような頭皮にアミノ酸やプラセンタなどの成長因子を注射する治療では高くなります。

軽度のAGAでは内服薬による治療で、十分な効果がありますが重度のAGAとなると内服薬では改善が難しいところもあります。
注射で直接的にアミノ酸やプラセンタなどの成長因子を注入することにより高い発毛効果が得られますが高額な治療費を支払う必要があります。
このような先進的な治療を行っているAGA病院も少数であり、病院を探すことからはじめなければいけません。

なお、AGA治療の総額は人によって変わってきますがフィナステリドなどの薬を服用して効果的に作用した場合には3ヶ月で効果が見られるため、効果を実感するまでには12,000円以上はかかります。
さらにAGA治療は継続して続けなければ意味がないため年間最低5万円程度の出費が必要になります。

AGA治療が保険適用外の理由

AGA治療は保険適用外でありその治療にかかる費用は全額、患者が自己負担をする必要があるものです。
そもそも髪の毛が薄いといったものは、人間が生活していく上で大きな問題となるものではありませんし、生命に関わるものでもありませんから医療の対象とも呼びにくいものです。
ただし、すべての薄毛や脱毛が保険適用外であるかというとそうではなく一部、ストレスや皮膚病などで発生する脱毛に関しては医療保険の対象になるケースがあります。
いずれにしても単に毛が薄い、ハゲているといった場合には保険は使えません。
この場合AGA治療は美容整形と同じ扱いになっており、費用は全額自己負担になります。

一方で保険が使えない治療でも税金を納める際の医療控除費が使える場合があります。
これは所得から1年間に掛かった治療費のうち100,000円以上となった場合にそれ以上の金額が税金の控除対象となるためです。
本来は医療費の負担を減らすための制度であり、美容整形などは対象外ですが、それらを受けた理由として精神的な理由や病気の影響などを受けている場合には認められるケースがあります。
ただし、すべてのAGA治療がその対象となっているわけではなく税務署のさじ加減といったところが大きく適用されないケースもあります。
少しでも負担を減らしたい場合には医療控除費が使えるか相談してみるのも選択肢のひとつです。
なお、医療控除費が使えるのは病院での受診のほか認められた医薬品を購入した場合に限られ、個人輸入などで手に入れたフィナステリドなどのAGA治療薬はその適用外となっています。

AGA治療費は1ヶ月あたり、4,000円から40,000円と幅が広いものですが、平均的には1ヶ月あたり30,000円程度とされています。
終了時期に関しては人によって変わってきますが、最低でも3ヶ月は通院しなければなりませんし、また継続的に続ける必要があり年間にかかる費用は変わってきます。
ただ、実際に1ヶ月あたり30,000円の治療費であれば、効果が実感できる3ヶ月から6ヶ月とした場合には平均的な総額は3ヶ月間の90,000円から6ヶ月間の180,000円程度になります。
この金額は医療費控除の対象になる金額ですから、保険適用外でも所得税の控除に使うことができます。

注射を行うAGA治療は確実な効果が出る?

AGA治療といえば内服薬のフィナステリドを服用することや外用薬を塗布するといったことが中心です。
この治療法のメリットは痛みがないということで、また薬による治療ですからすべての病院で同じ品質の治療を受けられるといった点があります。
一方で確実な効果があるかというと厳しいものがあり、特にAGAの進行は止めることができても発毛までに至らないケースもあります。
特に一般病院での治療は薄毛の進行が止まった時点で効果があったと判定されますから、薄毛ではなく発毛を望むといった場合には思ったような結果が得られないことも多くあるものです。

発毛しない理由としては、毛根細胞そのものがダメージを受けており毛を生やす力が失われていることが大きな理由ですが、このような場合に効果を発揮するのが注射によるAGA治療になります。
一般のAGA治療では投薬が中心であり、頭皮に直接的に働きかけるといっても、内服薬では身体の内側から外用薬では皮膚の上から浸透させるというものです。
このため毛根細胞までは距離が遠いですが、注射であればダイレクトに発毛に必要な成分を行き渡らせることができます。

注射によるAGA治療ではこのようにダイレクトな成分の注入によって高い発毛効果を得られるほか、内服薬と異なり体内で代謝されることなく頭皮に成分を行き渡らせることができ、複数回の施術で確実にAGAを克服することができます。
それに外用薬では有効成分の他にもさまざまな成分が含まれており皮膚に合わないこともあります。
注射では患者の体質に合わせて成分を調整することができるので、アレルギーの症状を最小限にすることが可能です。
いずれにしても高い成分の吸収によって毛根細胞を活性化させることでAGAの症状を改善することができます。

一方で注射によるAGAで使われる成分は、基本的には成長因子を含んだものですが、効果を高めるためにアミノ酸などが加えられている場合には病院によって使われる成分が異なってくるのが難点です。
また成長因子もプラセンタなどを由来としたものから、幹細胞から採取したものなどさまざまですし、このため内服薬や外用薬を利用した場合と異なって病院によってその効果が大きく変わってきます。
また費用も高いところでは8万円程度と通常の方法の倍以上の費用が必要ですし、注射ですので若干の痛みを感じます。